Event is FINISHED

1129フェス 〜第4回FESTIVIN 音と肉の前夜祭〜

第4回目を迎える自然派ワインのお祭りFESTIVIN(フェスティヴァン)。その前日となる11/29(土)、音楽にフォーカスした前夜祭を開催!
Description

※1129フェスはチケットレスのご予約となっています。当ページでご予約いただき、フェス当日に入口でご予約名をおっしゃってください。

2014.11.29(SAT)@EBiS303

Open 16:30 / Start 17:30
入場料 前売り/4000円 当日/4500円
※ワンドリンク付き
※会場内での飲食は別料金


1129フェスを彩る出演者は下記3組!

日倉士歳朗 & STEEL MADE CREW
濱田祐自
LIVING CHICAGO UNION
・・・and Special guest ???


日倉士歳朗 & STEEL MADE CREW

日倉士歳朗(Vo,Slide Gt.)
吉原亜矢子(Drs)
倉本巳典(Bass)
荏原和弘(Gt.)

<日倉士歳朗バイオグラフィー>
1976
BOB'S FISH MARKETに、ギタリストとして参加。
1979
アルバム「BOB'S FISH MARKET(victor)を発表。
アルバムの中の「のっぺらぼう」が後に、久保田真琴と夕焼け楽団のアルバムにて取り上げられる。
1981 - 1983
バンド解散後、井上憲一 (ex.SANDII & SUNSETS)とのデュオ、敦賀隆 (ex. BOB'S FISH MARKET)のツアーバンド等、不定期なライヴ活動を続ける。
また、BREAD & BUTTERを始めとする多くのシンガーたちのサポートやCM、スタジオワ-クをこなす一方、カントリーブルースや種々の音楽を聴き漁る。
1986 - 1988
バッキングテープを使ったワンマンバンドスタイルでの活動を開始。SANDII & SUNSETSのオープニングアクト等を務めた後、'88年サポートメンバーを加え、本格的なソロパフォーマーンスをスタートさせる。
1990
久保田真琴らの助力を得て、ソロデビューアルバム「I'm Slidin'(Alpha Enterprize)を発表
1991
鬼頭径五のアルバム「アネモネ」への参加を機にライブサポートを務める
1994
Mooney、テツ、石川二三夫、YONOとジャグバンドMAD-WORDSをスタートさせる。
1995
ソロ、あるいはベーシスト甲田賢一とのデュオ、様々なアーティストとのセッションという形で多彩なパフォーマンスを繰り広げる。数々のレコーディングにも参加。
1996
4月、MAD- WORDS 1st アルバム「HEY! MAD-WORDS(日本晴Records)発売
1997
2月、古澤良治朗プロデュース“坂田 明バースデイライヴ”に参加。これを機に、古澤氏の企画による様々なイヴェントに参加することになる。
11月、MAD- WORDS 2nd アルバム「BACK! BACK! BACK!!(日本晴Records)発売。
12月、日倉士歳朗 ソロ2nd アルバム「JUNGLE SWINGIN'MAN(日本晴Records)発売。
1998
1月、日倉士歳朗 & SWAMP SOUL BROTHERS 、下北沢 CLUB QUE ワンマンライヴ。メンバーは伊東ミキオ(key)、高木克(G)、入江修哉(B)、原田兼也(Dr)
映画「大往生」(原作:永六輔、監督:藤田博)のサウンドトラックレコーディング(古澤良治朗プロデュース)に参加。
1999
5月、丹菊正和と共に、横浜Thumb's UpにてDAVID LINDLEY & WALLY INGRAMと共演。
10月、丹菊正和のパーカッションをフィーチャー、入江修哉(bass)をゲストに迎え、日倉士歳朗ソロ3rdアルバム「DANCE IN MY KITCHEN(日本晴Records)発売
12月、青山CAYにてKELLY JOE PHELPSと共演。
2000
4月、MAD- WORDS 3rd アルバム「未来のとけい」(日本晴Records)発売。
3月より日倉士歳朗 & 丹菊正和、沖縄・石垣島を含む32ヶ所の全国ツアー。
2001
5 - 8月、日倉士歳朗 & 丹菊正和で東京、九州、長野での野外イヴェントをこなし東北、北海道ツアー。
2002
1月、日倉士歳朗 & 丹菊正和レコーディング開始。
38 - 10日、岡本芳一(人形師)と古澤良治朗のコラボレーション「陽炎」に参加。
417日、日倉士歳朗 & 丹菊正和 アルバム「DOUBLE-EDGED!!(日本晴Records)発売。DAVID LINDLEY & WALLY INGLAM と横浜Thumb's Upにて共演
5 - 、日倉士歳朗 & 丹菊正和 西日本・九州ツアー。
7 - 、日倉士歳朗 & 丹菊正和 東北・北海道ツアー。
2003
928日マッドワーズ4thアルバム「MAD-WORDS BEST!!」リリース。(日本晴Records
2005
515 日倉士歳朗&佐藤克彦 日倉士としては、5thアルバム「海風」発売。(日本晴Records
2006 111日オムニバスアルバム「LAZY CURRENTS for your soul」に2曲参加。(KONAMI
2009 517 6th ALBUM STEEL MADE」発売。(日本晴Records
2009年12月 初DVD 「LIVE STEEL MADE」 発売。(日本晴Records)

濱口祐自

濱口祐自オフィシャルサイト

濱口祐自オフィシャルFacebook

エリック・サティ、デューク・エリントン、スティーヴン・フォスター、デルタ・ブルースから明治唱歌までを熊野ネイティブ・フィーリングたっぷりに演奏する異能のギタリスト。
1980年代:遠洋マグロ漁船に乗り込み、パプアニューギニアに行く。
勝浦漁港の古い民家を、みずからの手で切り出した竹を使って改装したサロン〈竹林パワー〉をオープン(12年間営業を続ける)、同時期に音楽活動を開始する。
1990年代:ヨーロッパ(ドイツ、スイス、オランダ、フランス)の各地でストリート演奏の旅を行う。
1998年:ソロ・ギター・アルバム『竹林パワーDream』を発表。
2001年:東京・青山でのフィンガー・ピッキング・ギター・コンテストにおいて会場投票1位のオーデンエンス賞受賞。
2013年:久保田麻琴プロデュースでアルバム制作を開始。10月のサラヴァ東京でのショウケースでは初出場で異例の80名の観客を動員。
2014年:年明けのサラヴァ東京ライブでは140名のハウス・レコードを記録する。
2014年6月:メジャー・デビュー・アルバム『濱口祐自 フロム カツウラ』を発表。


LIVING CHICAGO UNION

Tucker Saito(Vo. Gt.)
江上マサノブ(Gt.)
田村奈津子(Bass)
滑川栄(Drs)


1129フェスに集まる出店店舗は下記4店!

BON DABON(岐阜)・・・・・・ペルシュウ
サルシッチャデリ(目黒)・・・・イタリアンソーセージ    
パセミヤ(大阪)・・・・・・・・牛すじお好み焼き
葡呑餃子部(西麻布)・・・・・・餃子
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-11-28 03:18:16
More updates
Sat Nov 29, 2014
5:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
EBiS303
Tickets
前売り ¥4,000

On sale until Nov 29, 2014, 12:00:00 AM

Venue Address
東京都渋谷区恵比寿1-20-8 スバルビル3F Japan
Directions
JR恵比寿駅東口から約250m,徒歩約3分。 地下鉄日比谷線恵比寿駅1番出口から徒歩約4分。
Organizer
FESTIVIN【フェスティヴァン】
43 Followers